ニュージーランド<New Zealand/NZ>の個人旅行に活用できる日本人宿泊施設・B&Bの情報

B&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)なら一人旅でも楽しめます
―ニュージーランド個人旅行ならB&Bを体験してみてください。その楽しみ方とは?―
B&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)とは?
 B&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)は、その名の通り、1泊に朝食の料金が含まれる宿泊施設のことで、ヨーロッパやニュージーランドで、昔から個人旅行の人々を中心によく利用されています。日本の民宿やペンションと同じように民家にお客様を招き入れる形態ですが、民宿などとは違う面もあります。最近は、日本でもB&Bが知られるようになり、B&Bと呼ばれる宿泊施設が増えてきていますが、まだまだ、宿泊料金に朝食料金が含まれるだけの旅館やホテルをB&Bと呼んでいるものも多く見られます。

 ヨーロッパなどに古くからあるB&Bの中には、宿泊と朝食のみの機能を提供した質素な宿もあるようですが、最近のB&B、とくにニュージーランドでは、その特徴を活かしたB&B運営をしているところが増えてきました。ニュージーランド人は、他の国の人々と比べても、その人懐っこさや気取らない性格があり、B&Bの経営にも、その色が強く現れていると思います。

 ニュージーランドのB&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)の特長は、次のようなものではないかと考えています。

サービスよりもホスピタリティを重視し、ホストの人柄でお客様を迎え入れる。家族的な雰囲気 で、ニュージーランドの「ライフスタイル」を満喫できる。
家屋やランドスケープに特長があるところが多く、ニュージーランド住宅やインテリア、ガーデン などを楽しめる。
朝食や夕食をホストとゲストが一緒にするところが多い。ホストとの団欒が楽しめ、その土地土地 の話題やホストのライフスタイルを体感できる。
ニュージーランドのB&Bを利用するうえでの考慮点
  • 料金は、1泊50ドルくらいから300ドル以上とまちまちです。決して、バックパッカーのような安価な宿泊施設では ありません。
  • 朝食は、簡単なコンチネンタル・ブレックファースト(シリアル、トーストなどとフルーツのようなものだ け)やフル・ブレックファースト(ベーコン・エッグなどのように調理したメニューのあるもの)などB&Bによって異なります。
  • 夕食は、事前に頼めば提供してくれるところと、そうでないところがありますので、事前にガイドブックやパ ンフレットなどでお確かめください。
  • 当日予約は、宿泊できない場合もあります。事前にインターネットや旅程の前の町などから予約をしておくこ とをお勧めします。
  • B&Bに限らず、喫煙はニュージーランド国内では、決められたところ以外はできません。 B&Bによって、敷地内での喫煙は全くできないところもありますが、屋外の定められた場所での喫煙を許しているところもあります。
  • EFTPOSやクレジット・カードでの支払いができないところもありますので、事前に確かめるか、現金を 用意しておくことをお勧めします。
  • チェック・イン、チェック・アウトは、ホテルやモーテルほどうるさくはありませんが、事前に確認したり、 常識の範囲で行動するようにしてください。
  • バスルームは、オンスイートという浴室つきの部屋のあるところと、ゲスト同士の共用のもの、ホストとゲス トの共用のものなど、いろいろありますので、これもガイドブックなどで確かめられます。
  • アルコール類は、食事と一緒に提供してくれるところもあれば、ボトルなどの持込が自由なところもありま す。事前にお確かめください。
  • ホテルのようなサービス業とは異なり、あくまでも他人の家に泊めてもらうといった感覚が必要です。知人の 家に泊めてもらうときと同じような心配りで、お互いが気持ちよく過ごすことができます。
ニュージーランドのB&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)の楽しみ方
 ニュージーランドのB&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)は、世界からの旅行者が好んで利用するB&Bです。いろいろな特長があり、その楽しみ方を知っておけば、より楽しい旅を体験することができます。

 B&Bは、自分の家にゲストを招きいれる宿泊施設ですから、ホテルやモーテルとは異なり、プライバシーは期待できませんが、ホストとの交流を楽しむところです。ペンションとホームステイの中間的な感じでしょうか。ニュージーランド人は、とくに外国人に対する差別が少ない人種で、とてもきさくですので、B&B向き(?)なのかも知れません。

 英語が苦手な方も、ぜひ、ニュージーランド人B&Bも体験してみてください。英会話の練習にも役立ちます。ニュージーランド人B&Bの中には、海外からのゲストに慣れている人も多いので、上手にコミュニケーションをとってくれます。

ニュージーランド人の性格を現す言葉に「カジュアル」 というのがあります。気取らない、気にしないと言った性格です。ゲストもホストも壁を作らず、ざっくばらんに付き合うのがベストです。あまり部屋などに閉 じこもらず、リラックスして過ごしてください。
できれば夕食を共に。外食もいいものですが、B&Bホ ストとの団欒も楽しいものです。ニュージーランド人がホストの場合は英語が必要になりますが、少しでも話せるなら、思い切って挑戦してみましょう。
ほとんどのB&Bでは、アルコール類の持込は自由だと 思います。何日も滞在する場合、たまに買ってきたワインを一緒に飲めば、また打ち解けあい方も深まります。お土産などは不要です。
B&Bには、カントリー・タイプ、ファームステイ・タ イプ、キャラクター・ハウス、町の中のコジーな家、などいろいろ特色があります。ガイドブックなどでよく確かめ、好みのところを選んでください。予約は早 めにするほうが、たくさんの情報を得られます。
B&Bホストは、近隣の楽しみ方をよく知っています。 観光するときも、そこに先に泊まってから観光を楽しめば、ホストから事前にベストの情報を得られます。観光を済ませてから泊まるよりもいいと思います。
英語が苦手な方は、日本からいろいろな写真を持ってく るとホストとの会話が弾みます。家族、家の周辺、仕事、趣味などNZ人に日本を紹介してみてください。向こうも海外からの話には興味があるのです。
グローバライフのホームページ


ニュージーランドB&Bのガイドブック紹介
代表的なニュージーランドのB&Bガイドブックを2冊ご紹介します。いずれも数多くのニュージーランドB&Bが掲載されており、詳しい情報を得ることができます。毎年改正されているので、情報も古くありません。また、どちらもウェブサイトから予約の申し込みやガイドブックの購入などもできます。海外にも郵送してくれます。
「Charming Bed & Breakfast New Zealand」
トラベルワイズ社発行
住所:P.O.Box6226, Dunedin, New Zealand
電話:+64−3−476−1515
FAX:+64−3−476−1514
ホームページ:
http://www.bnbnz.com(上の写真をクリック)
Eメール:enquiries@travelwise.co.nz
「The Bed & Breakfast Book」
ムーンシャイン・プレス社発行
住所:P.O.Box6843 Wellington, New Zealand
電話:+64−4−385−2615
FAX:+64−4−385−2964
ホームページ:
http://www.bnb.co.nz(上の写真をクリック)
Eメール:info@bnb.co.nz